源九郎稲荷神社周辺のはならーと展示会場の様子をご紹介(源九郎稲荷神社復興物語 第69話)

今回の登場人物
源九郎とよ
源九郎とよ
源九郎とよ(本名土井美苗):復興活動物語のボランティアチームスタッフ代表。この当時は警察官をしておりました。当時は本名を隠してペンネームの「源九郎とよ」で活躍しておりました。
中川おじちゃん
中川おじちゃん
中川のおじちゃん:源九郎稲荷神社の管理人であり、語り部として有名です。復興活動のボス的存在。柔軟な思考を持ち、古いものを大切しながらも新しいものも取り入れるすばらしい感性の持ち主。
中川おばちゃん
中川おばちゃん
中川のおばちゃん:語り部氏の奥様。神社の境内で四季折々のお花を育てているお花の守人。陽気で優しくて、笑っているところしか見たことがない朗らかな人
伊藤君
伊藤君
伊藤君:夕涼み会のリーダー。企画段階から中心となって夕涼み会を作り上げた人物。若手スタッフからは絶大な信頼を得ている頼もしい存在
むっちゃん
むっちゃん
金魚を通じて大和郡山市の町おこしをしている団体K-POOLのスタッフ。むっちゃんの一言から夕涼み会の開催企画ははじまりました。
ゆっこちゃん
ゆっこちゃん
むっちゃんと同じくK-POOLのスタッフ。夕涼み会ではみごとな伝統芸能「鬼剣舞」を奉納してくれました。
咲楽(sakura)
咲楽(sakura)
富山県出身の女性3人による書道パフォーマー「咲楽(sakura)」はならーとのイベントで、源九郎稲荷神社の境内において書道ライブパフォーマンスを行ってくださいました。

 

前回からは、毎年奈良の秋の楽しみであるイベント「奈良と花とアート」の祭典「はならーと」が、初めて開催された2011年の源九郎稲荷神社での関連イベントについてご紹介しております。

 

前回は、はならーとのイベント時に源九郎稲荷神社の境内で開催された「書道パフォーマンス」についてご紹介しました。

今回は、源九郎稲荷神社周辺で繰り広げられた、はならーと奈良の大和郡山エリアの状況をご紹介したいと思います。

 

大成功を収めたはならーと奈良・大和郡山エリア

 

K-poolの小山さん、むっちゃんとゆっこちゃんが企画・運営を任された「第1回目 はならぁと奈良」の大和郡山エリアは、

大成功!!

をおさめることができました。

 

特に、旧川本邸は、入場規制がされるほどたくさんの方が見に来てくださいました。

 

 

大和郡山郡山エリアでは、下の地図のとおり

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

郡山八幡宮

旧川本邸

本家菊屋

浅井邸酒造

杉山小児科医院

などの会場で、アート作品の展示がありました。

 

源九郎稲荷神社

では、すでにご紹介したとおり

金魚ねぶたや書道パフォーマンス咲楽日和:奈良・町家の芸術祭 はならぁと

等のイベントがありました。

 

旧川本邸の展示会場の様子

 

特に旧川本邸は、

遊郭

という特異性にアート作家さん達の感性が融合して、とてもすばらしい空間を演出していました。

その一部を紹介したいと思います。

 

関 智生さんの作品

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

黒崎 創さんの作品

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

源九郎とよは、ちょこちょこと覗きに行っていたものの、終日、源九郎稲荷神社に参拝してくださる方の対応に追われていて、じっくりと見たのは最終日となりました。

 

最終日は、雨だというのに、とてもたくさんの方が来られており、作家さん達も来れれていました。

 

作家さんの横で毒を吐きまくる・・・ハラハラ事件の勃発!!

 

最終日は、源九郎とよのお友達Kさんも一緒の見学となりました。

そして、会場では知り合いのNさんにも会いました。

 

・・・・・で、この日、実はこのお二人には、とてもハラハラとさせられる事件が起きたのです!!

 

川本邸に2階に上がると、きのこなのか花なのかわからない不思議なオブジェが展示されていました。

 

原田 要さんの作品

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

 

その横には、作家さんらしき方がおられました。

 

・・・らしきではなく、掲示されていた作家さんの写真と同じ顔をした男性がいたのです。

源九郎とよは、警察官をしていたので(この時は現役です)一瞬でその場の状況を把握する能力が異常に長けていて、そういうことは敏感に察知してしまうのです・・

 

なのに・・・・Kさんは、全然気がついていない・・・

そして・・・

 

「この作品、よくわからない!!」

と作家さんのすぐ横で、毒を吐き始めました・・・(>_<)

 

止めたくても、作家さんがいる前で、変に止めれない・・・

 

更に、Nさんと一緒に来ていたお友達も、

「部屋の写真を撮るのにあのきのこみたいなの邪魔~」

と輪をかけて毒を吐き始めました・・・(>_<)

 

どうしよう、この状況・・・・

作家さんの顔が、みるみると曇り始めました・・・

源九郎とよ
源九郎とよ
やばい・・他人のふりをするか・・・。
いや、それもまずい・・・

どうするわたし~

 

結局、何も言えず、ずっと下を向いたままの源九郎とよでした・・・

 

後で、むっちゃんに

源九郎とよ
源九郎とよ
作家さん怒ってないでしょうか?

 

と聞くと、

むっちゃん
むっちゃん
あの方、慣れておられるので大丈夫ですよ~

 

ということで、少し安心しました。

 

芸術って人それぞれの感性が違うから難しい・・・です。

 




 

 

大和郡山八幡宮の展示品

 

次は源九郎とよが大好きな

大和郡山八幡宮

での展示品を紹介したいと思います。

 

素敵なアート作品が展示されていました。

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

神社の灯篭に巨大アート!!

山本麻世

さんの作品です。

 

こういうのもアリ~で許してしまうところが、郡山八幡宮の宮司さんの懐の広さです。

やっぱり、私の大好きな神社でありまする。

 

そして、社務所内には、巨大案山子がおりました。

プータナランド / プータナランド

さんの作品です。

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

 

やっぱり、金魚ねぶたが一番素敵 ! !

 

 

でも、源九郎トヨ的には、源九郎稲荷神社に展示された、子供達の金魚ねぶたが一番素敵な作品だったと思います!!

とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

 

この金魚ねぶたは、はならーとが終わっても、一定の期間飾られておりましたが、それだけに取り外された後神社がとても寂しくなりました。

 

また、翌年も金魚ねぶたが飾られることを期待したいと思います。

とても楽しいはならぁとの数日間でした。

 

K-Poolのみなさん、お疲れさまでした。

 




 

 

源九郎稲荷神社復興活動に続く「源九郎とよのバンコクス経営奮闘記」

 

源九郎とよ
源九郎とよ
源九郎稲荷神社がある程度復興して、多くの方が参拝に来てくださるようになった2014年、とよはある決意をします。

それまで勤めていた警察を辞めて、タイ、バンコクで新たな挑戦を始めることになったのです。とよが源九郎稲荷神社復興活動チームから離れて、警察同期生だった親友の助けを得ながら異国タイで奮闘するハチャメチャな様子を綴った物語が「元女性警察官(刑事)コンピがバンコクでスパ経営物語」です。

なんとか成功してお金を貯めて源九郎稲荷神社の社務所を建て替えるのがとよの夢なのですが、新型コロナウィルスのパンデミックもあり、なかなかすんなりとはいかない状態です。

でも、夢をあきらめずにやれるところまで頑張ってみたいと思います。ご興味のある方は、そんな源九郎とよの奮闘状況をご覧ください。 


元女性警察官(刑事)コンビのバンコクスパ経営物語